海外セレブにみる、ファッション・センスの磨き方

2016年11月1日
ノースリーブからスラッと伸びた長い腕、ミニからのまっすぐな細い脚、スタイル抜群の海外セレブっぽく着こなすなんて、私達、日本人にはハードルが高いものです。 cheap mu Legend zen でも、ちょっとしたコツをつかめば、気軽に楽しめるものです。

複数のブランドを組み合わせ。ミックス&マッチでオシャレ度アップ!

簡単に、そして速攻セレブ感をだそうと思うと、シャネルやプラダなど、一つのブランドに上から下まで身を固めてしまいがちです。 でも、このような単一コーディネートは面白みに欠け、かえって野暮ったく、海外セレブのようなオシャレさんは絶対にしないものです。  

彼女達のファッションは、デザインやカラーが上手くコーディネートされつつも、 どこか抜け感があって、自由で風に乗るように軽く、見るからに着心地が良さそうです。     彼女らは流行を取り入れつつも、自分に合ったスタイルを知り尽くしているからこそ、 あらゆるブランドからお気に入りをチョイスして、組み合わせてオリジナリティーを出しています。   ブランドのショップやカタログから選んだ既存のコーディネートは、 誰でもトライできそうなセレブ・ファッションですが、それではビギナーレベルとしかいえません。     ショッピングに行く時は、トップスとパンツ、インナーとアウター、あえて違うブランドを組み合わせるようにショップ巡りをしてみましょう。    


トータル・コーディネートのアイテムは少なく、それでもポイントは大きなものを!

海外セレブのようなさり気ない着こなしは、“Tシャツとデニム、それに大きなハンドバッグ”といった、 “シンプルなメイン、そしてプラス・ワン”です。  

  コツは、身に付けるアイテムは少なくしつつも、アクセントとなるプラス・ワンを大きなものにすることです。例えばシンプルなニットと無地のスカートに、大きめなネックレスを肩から胸元に流してみる。   細くても長くても、どのようなデザインでも構いませんが、とにかく大きくて全体のシルエットのコアになることが大事です。     これらのアイテムは、全身を引き締めて細く、長身に見せてくれるもので、 日本人体型をカバーしてくれ、かつ女性らしさをアップさせます。  
「海外セレブ スナップ」の画像検索結果

出典: jocee.jp

大きめのアイテムは、派手過ぎると苦手意識がある方は、服そのもののコーディネートに頭をひねり過ぎです。 逆に、シンプルな服に一つでも大きなピアスやブレスレットを合わせてみる、あるいは大きなハンドバッグを肩から下げてみましょう。  


偽物やファスト・ファッションは控えめに。それよりもオリジナリティーを大切にしましょう。

ブランドに手が届かないからといって、偽物(フェイク)や激安服、ファスト・ファッションだけを買うのは控えましょう。 これは海外セレブにとってタブーとされているといっても過言ではありません。  

  彼女達は、フェイクが違法であり、あまりにも安い衣類が、途上国の安価な人件費によるもの、 その裏にある児童労働や人権問題にリンクしていることを配慮して、絶対に身に付けないからです。   また、欧米から多くのファスト・ファションが日本へ進出し、安くてもセンスの良い服を楽しめます。 しかし、そもそも小柄の日本人には上手く服選びをしないと、チープ感が否めないのも確かです。   ではどうしたらいいの?と悩んでしまったら、 オーガニック・コットンのシャツやスカート、デザインのよいエスニック服など、 少し高くても品質の良いものを一つは買うべきです。   海外セレブはブランド好きではありますが、同時にフェアートレードの服も好んでいるものです。


さいごに

この記事を書いたユーザー
まこ
まこ 色々なサイトのライター経験を活かし、GLITTERでも頑張ります!

関連する記事

アクセスランキング

FOLLOW US

雑誌GLITTER(グリッター)の公式キュレーションメディアです!
最新のトレンド情報や耳寄りな海外情報をキャッチしておしゃれ女子になろう!